CPAC常設展示物除幕記念式典

このイベントの背景:
CPACとは、カリフォルニア州立大学ロングビーチ校に建てられた、リチャード&カレン・カーペンター・パフォーミング・アーツ・センターという、コンサートホールです。
カレンとリチャードはこの大学に入学しましたが、カーペンターズの活動が忙しくなったため、ドロップアウト。つまりは卒業していません。
彼らの偉業を讃え、リチャードの自宅や倉庫に眠っていたゴールド・レコードやメモラビリアをロビーに飾ることになり、その除幕記念式典に私はご招待いただきました。また、これを機にリチャードは名誉博士号を授与されました。
リチャードとジョン・ベティス(作詞家)が出逢ったのもこの大学でした。ベティスはカーペンターズでの作詞をきっかけに、マドンナやマイケル・ジャクソン等の曲も手がけ、アメリカの著作権団体ASCAPの会長も務めました(2012年3月記)。


リチャード&カレン・カーペンター・パフォーミング・アーツ・センター
http://www.carpenterarts.org/

カーペンターズ常設展示物除幕記念式典
2000年3月19日
招待客100名限定

まずはシャンパンとオードブルを

除幕式前にリチャードがスピーチ

ジョン・ベティスにやっと会うことができ感激.

リチャードの倉庫に眠っていたゴールド・レコードが我々の目の前に!

文句を言うつもりはありませんが、もっと写真が欲しかったかも

右からCSULB学長、リチャード、ウエーナー・ウォルフェン、ジェリー・モス
後ろに立っているのはリチャードの三女ミンディ

カーペンターズ・ハンマー!


リチャードと子供達。黒いドレスのトレイシーはこの後ステージで歌いました。
グラミー賞やアメリカン・ミュージック賞

リチャードの採譜係、ロン・ゴロー氏

キャバレー・スタイルのステージ。背景が徐々に暗くなり、ステージが開始される頃には夕刻の雰囲気になっていた

ぼけた写真でごめんなさい。フランク・プーラー先生とジョン・ベティス。

ステージに立つのはリチャード、ジョン、トミー・モーガン

リチャードのネクタイ。タバスコ会社製とか。絵柄はキーボード

何度訪れても素敵な場所です。また来るね!