独自企画ツアーのレポート

 2012年3月現在サイトを移し替えている最中です。リンク切れ等が多く、文字の大きさが揃っていない等もありますが、とりあえずはコンテンツをアップしています。

このコーナーでは、小倉悠加が独自で企画したカーペンターズ関係ツアーのレポートをお裾分けします。一部は個人で行った時のものもあります。

背景: ツアー90年代半ば頃にアメリカでカーペンターズのメーリング・リスト(Newville Avenue)が開始され、それを受ける形で日本でもメーリングリスト(JCML)が開設されました。当時は、散り散りであったファン同志がやっと繋がったと、非常に活発な活動が見られました。そのやり取りの中で生まれてきたのが、みんなでゆかりの地を訪ねようではないかというツアーでした。

私の記憶に間違えがなければ、最初にツアーを行ったのは確か1998年で、その際には20名弱の方々をお連れした覚えがあります。まだ70年代の面影を残した物事が多く、現Henson Recording Studioも当時はA&Mレコードのスタジオで、多くの名盤がレコーディングされたスタジオを見学させていただいたりしました。
次がこのサイトにも書いたデビュー30周年記念のツアーだったでしょうか。

その後も現地に集合で、リチャードのクラシック・カー・コレクションを見せていただいたりということを幾度か行いました。が、そういうツアーはカレンの20周忌をもって積極的には行わず、その後はリクエストをいただき、都合があえばそういった方々をお連れしたにとどまっています。

70年代からずっとカリフォルニア州ダウニー市に住んでいたカーペンター家は、2000年代半ばから住まいを別の場所へ移しています。アルバム『ナウ・アンドゼン』のアルバム・カバーを飾った家も人手に渡り、改装・取り壊しになりました。

そのため、全く同じようなツアーを行うことは困難ですが、カーペンターズゆかりの地をまわり、カレンの墓地に敬意を表しに行くことは可能です。そのようなツアー企画をご希望の方は、ご連絡ください。ただし、10名くらい集まらないと実施は困難ですので、あらかた参加者を集めた上でお願い致します。旅行代理店の方もご興味ありましたらご連絡ください。こちらに連絡フォームがあります。(2012年3月記)